組合について

組合事業

1. 共同購買事業

  • するめいかの漁獲量が、昭和38(1963)年 590,000トンから昭和39年 238,000トンに激減しました。
  • 組合員の最大の課題であった「原料の安定確保」のため、共同購買事業は、組合事業の最も重要な柱です。
  • 組合を設立し、昭和40年5月に韓国産するめの輸入割当を受け、約355トンを組合員に配分したのが、最初の共同事業となりました。
  • その後、生鮮、冷凍いかの需要者割当の実現(昭和46年)、するめ輸入対象国の拡大(昭和49年)など、共同購買事業は扱い品目、輸入国等の多様化を伴いながら順調に推移しています。
  • 最近の取扱い量は、いか・干しするめ合計で、5,500トンを超えております。

2. 教育事業

(1) 放射性物質自主検査

  • 平成23(2011)年3月11日東日本大震災発生により、平成23年7月ベクレル計(EURORAD社製[フランス])を購入し、原料のスルメイカについて、ヨウ素・セシウムの検査を始めました。
  • 平成23年8月〜平成24年9月まで、325検体について検査しましたが、一度も、ヨウ素、セシウム134/137は検出されていません。
  • 毎月発行の組合報で、水産庁の検査結果(各都道府県における水産物放射性物質調査結果よりイカ類調査結果を抜粋)と共に、組合員宛て報告しています。

(2) イカ加工品の性状分析研究

平成21(2009)、23(2011)年度において、公益財団法人 函館地域産業振興財団との共同研究により、「塩辛」「イカ原料」について、カドニウム含量の分式試験を実施しました。

3. 販路開拓事業

(1) 出展費用補助について

平成23(2011)年度より、食の大商談会、地方銀行フードセレクション、スーパーマーケットトレードショー等展示会への出展費用の組合員への補助を実施しています。

(2) 海外視察ツアーについて

  • 平成7(1995)年4月 訪中視察団(大連、北京、上海、香港)
  • 平成8(1996)年2月 ベトナム・ミャンマー視察団(バンコク、ホーチミン、ハノイ、ヤンゴン、シンガポール)
  • 平成9(1997)年2月 訪印視察団(ボンベイ、コーチン、ベナレス、デリー)
  • 平成11(1999)年11月 函館支部青年部サハリン視察旅行
  • 平成17(2005)年11月 中国国際食品・飲料展 FHC上海2005 出展
  • 平成18(2006)年10月 パリ国際食品見本市シアル視察(ベルゲン、パリ)
  • 平成19(2007)年10月 アヌーガ世界食品メッセ視察(ケルン、フランクフルト)
  • 平成20(2008)年9月 17TH WORLD FOOD MOSCOW視察(モスクワ、サンクトペテルブルク)
  • 平成21(2009)年9月 イタリア視察(パレルモ、ローマ、フィレンツェ)

2008年モスクワで、ウォッカではなく、ビールと共に「さきいか」「いかくん」が、中級スーパー、量販店、コンビニ等で販売されていることに驚きました。塩だけの味にも驚きました。

(3) 本格焼酎・泡盛横浜大選集(横浜焼酎委員会)へ協賛

4. 販路開拓事業

(1) 「漁海況研修会」開催

昭和46(1971)年6月、当時の東海区水産研究所資源部長農学博士浜部基次氏より、スルメイカ漁海況NO1(北海道区水産研究所)についての講演が第1回。

平成24(2012)年8月、独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所・日本海区水産研究所・国際水産資源研究所のご協力により、第44回漁海況研修会を開催しました。内容は、次のとおり。

  • 太平洋海区におけるスルメイカの漁況見通しについて
  • スルメイカの資源変動様式と今年の日本海区における漁況見通しについて
  • 平成24年度における外洋性アカイカ類の資源状況について

(2) 「HACCP講習会」開催

社団法人大日本水産会が開催する「HACCP講習会」へ、平成12(2000)年より、組合員が参加している。現在は、参加費・宿泊費等を組合が補助している。

また、全国中小企業団体中央会の補助事業として、全いか組合単独の講習会も6回開催した(活路開拓調査・実現化事業連合会(全国組合)等研修事業)。

HACCP講習会への参加者の合計は267名を超えています。

(3) 「表示実践研修会」開催

財団法人日本冷凍食品検査協会のご協力により、平成23(2011)年より、「表示実践研修会(3日間)」を組合員に対象に開催しています。

(4) その他セミナー開催

  • 平成4(1992)年9月〜平成20(2008)年 「全いか社員セミナー」開催
  • 財団法人日本冷凍食品検査協会のご協力により、平成22(2010)年2〜3月 「キーパーソン育成実践セミナー」開催(2日間を2回、合計4日間)

(5) 全国中小企業団体中央会海外研修事業への補助

(6) 組合報の発行

組合報 表紙

昭和40(1965)年3月から発行し、平成24年10月号で第532号となりました。組合と組合員とのコミュニケーションを円滑にする情報誌として、組合報を毎月発行しています。

ホームページの活用により、より迅速に情報を提供するため、徐々にペーパーレス化をめざします。

(7) 全国水産加工品総合品質審査会への参加

(8) 子ども霞が関見学デーへ協賛

平成24年8月農林水産省への訪問者は3,320人で、水産庁への入場者は1,823人。
水産庁のコーナーでは、「鰹節削り」の体験や「本物の魚」に触れることができ、毎年好評を得ています。

(9) 団体PL補償制度

平成7年7月のPL法施行に先だって、平成7年4月から当組合のPL補償制度はスタートしています。

5. 調査・出版事業

(1) 「イカ図鑑」について

  • 世界有用イカ図鑑

    著者
    奥谷喬司(東京水産大学名誉教授)
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1975/11/21

    創立10周年記念出版

  • 新・世界有用イカ図鑑

    著者
    奥谷喬司(東京水産大学名誉教授)
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1980/11/7

    創立15周年記念出版

  • 原色世界イカ類図鑑

    著者
    奥谷喬司(東京水産大学名誉教授)
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1995/5/12

    創立30周年記念出版

  • 世界イカ類図鑑

    著者
    奥谷喬司(東京水産大学名誉教授)
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2005/10/25
    世界イカ類図鑑

    学術的価値も高く、類書がない貴重な文献として、イカ資源の開発、保全、研究に携わる世界の研究者や業界関係者に高く評価されています。
    創立40周年記念出版

    「世界イカ類図鑑2005 web版」として、408種類のイカをHPに2012年11月アップしました

(2) 出版事業

平成23年2月発行の「イカ学Q&A50」は、「生き物としてのイカ」、「食べ物としてのイカ」のお話を50話のQ&A形式にまとめたものです。
工場見学における頒布品、小・中学校に寄贈され、生徒さんにも大変好評をいただいております。
この「イカ学Q&A50」も、HPに2013年1月アップしました

※印:在庫なし
  • いか加工の歴史—その成長過程の解明と展望

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1975/11/21

    在庫なし

  • イカの利用

    著者・編者
    須山三千三, 鴻巣章二, 浜部基次, 奥谷喬司
    制作・発行
    (株) 恒星社厚生閣
    出版年月日
    1980/11/7
    イカの利用 表紙

    販売価格 2,500円(税込)

  • イカ—その生物から消費まで

    著者・編者
    奈須敬二, 奥谷喬司, 小倉道男
    制作・発行
    (株) 成山堂書店
    出版年月日
    1991/2/13
    イカ-その生物から消費まで 表紙

    販売価格 3,800円(税込)

  • イカの栄養・機能成分

    著者・編者
    奥積昌世, 藤井建夫
    制作・発行
    (株) 成山堂書店
    出版年月日
    2000/5/18
    イカの栄養・機能成分 表紙

    販売価格 3,570円(税込)

  • Nutritional and Functional Properties of Squid and Cuttlefish

    著者・編者
    奥積昌世, 藤井建夫
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2000/11/27
    Nutritional and Functional Properties of Squid and Cuttlefish 表紙

    販売価格 5,000円(税込)

  • 中小食品企業のマーケティング読本—伝統食品マーケティングの実際—

    著者・編者
    中島正道, 辻雅司
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2006/5/14
  • 中小食品企業のイノベーション読本—ダウンサイジング時代の生き残り策—

    著者・編者
    辻雅司
    制作・発行
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2006/8/30
  • イカ学Q&A50

    著者・編者
    奥谷喬司, 藤井建夫
    制作・発行
    東海大学出版会
    出版年月日
    2011/2/11
    イカ学Q&A50 表紙

    平成23年2月発行の「イカ学Q&A50」は、「生き物としてのイカ」「食べ物としてのイカ」のお話を50話のQ&A形式にまとめたものです。
    工場見学における頒布品、小・中学校に寄贈され、生徒さんにも大変好評をいただいております。

    この「イカ学Q&A50」も、HPに2013年1月アップしました

(3) 調査報告書

※印:全国中小企業団体中央会補助事業により制作
  • 活路開拓ビジョン調査事業報告書—イカ加工品の消費拡大のために—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1994/3
  • 労働環境改善フィージビリティー調査事業報告書—労働時間短縮と職場環境改善推進への指針—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1995/3
  • 全国いか加工業協同組合訪中視察団報告書

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1995/3
  • 活路開拓ビジョン調査事業報告書(品質向上枠)—日付表示等ガイドライン制定事業—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1996/2
  • 活路開拓ビジョン調査事業報告書(品質向上枠)—イカ加工品の日付表示・栄養表示・PL対策マニュアル—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1996/2
  • 全国いか加工業協同組合ベトナムミャンマー視察団報告書

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1996/5
  • 活路開拓ビジョン実現化事業報告書(品質向上枠)—イカ加工品の褐変対策に関する共同研究—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1997/2
  • 全国いか加工業協同組合訪印視察団報告書

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    1997/8
  • 活路開拓調査・実現化事業報告書—需要成熟下におけるイカ加工品製造業の将来ビジョン—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    H2000/2
  • 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書—イカ加工品の消費者動向と脱成熟のためのマーケティング課題・方向性—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2001/2
  • 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書—加工食品の表示マニュアル作成事業—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2002/2
  • 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書—イカ加工品製造業における品質管理システム文書化基本モデルの構築—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2004/2
  • 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書—イカ加工品 品質管理システム 文書化マニュアル モデル事例編—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2004/2
  • イカ加工品 トレーサビリティシステムの手引書

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2004/3
  • 輸出市場としての中国に関するフィージビリティ調査 報告書

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2005/3
  • 日本貿易振興機構(ジェトロ)受託調査 イカスナック食品の対中国輸出に関する市場調査報告書

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2005/3
  • 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書—アメリカオオアカイカ、アカイカ加工技術の共同研究—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2006/2
  • 中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書—少子高齢化社会におけるイカ加工品製造業の将来ビジョン—

    著者・編者
    全国いか加工業協同組合
    出版年月日
    2008/2

PICKUP

組合員イチオシの
イカ加工品をご紹介します

全国いか加工業協同組合

〒113-0034
東京都文京区湯島3-14-8
加田湯島ビル6階

TEL. 03-3834-3731
FAX. 03-3834-3735
e-mail. [zen-ika] info

事務局詳細ページへ